沿線ガイド 

写真トピックス


広大な敷地に動物たちが暮らすサファリパーク。

 ライオンなどの肉食動物の他に草食動物にも餌をあげられる「エサやり体験バス」や、飼育係が園内を案内する「レインジャーツアー」、オランウータンの赤ちゃんも抱っこしながら写真撮影ができる!ミニ遊園地も併設しているので、家族で一日たっぷり遊ぼう!

        群馬サファリパークホームページへ

交通情報はこちら

           

                                                              

 
1  
サル・クマゾーン
 このゾーンではニホンザル・ツキノワグマ・アメリカクロクマ達が共存して
 います。 
 元気いっぱい山を飛び回るサルやクマ達が木に登ってのんびりしている
 景色が広がるゾーンです。

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
2  
アフリカソーン

 アフリカゾウ・シロサイ・アミメキリンやシマウマたちのアフリカゾーン。
 車の近くまで迫力のある景色が広がり、怖いけど楽しい体験が出来ます。
 左の写真は優雅に歩くアミメキリン、中央の写真は親子のバッファロー、右の写真はムフロンです。
 

    

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
3  
ウォーキングサファリゾーン

 ウォーキングサファリゾーンではライオンやホワイトタイガーを上から下から見られ、目や鼻先まで接近する
 ことができます。
 さらに、新しくオオカミの森が登場。絶滅が危惧されているオオカミの繁殖、種の保存がなされている。
 その他にも、フラミンゴやダチョウ・ラマ・ユキヒョウなど様々な動物を眺める事が出来ます。
 

    

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
4  
アメリカゾーン

 アメリカバイソンやシカ科のアメリカエルクなどが生息するこのゾーン
 では、ゆったりしているアメリカバイソン、大きな角を持つエルクなどの
 アメリカらしい雄大さを感じることができます。

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
5  
アジアゾーン

 ヒトコブラクダやニホンジカ・ファロージカが生息し体が白くて鼻がピンク色
 をしたのがファロージカです。
 ヒトコブラクダが道をゆっくり歩ったりしている景色が眺めます。写真は
 ニホンジカです。

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
6  
ライオンゾーン

 百獣の王といわれるライオン。たてがみが長く大きい方がリーダーに
 なれるとか・・・。
 ナイトサファリでは暗闇で光るライオンの眼光にドッキッとしたり、
 飼育係のエサやりのシーンはド迫力です。

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
7  
トラゾーン

 ベンガルトラやホワイトタイガーが生息しているトラゾーン。
 ベンガルトラが突然変異したホワイトタイガーは世界で250頭、日本国内
 では25頭しか飼育されていない貴重なトラです。

                                                        ▲ 地図へもどる 

 
8  
バードゾーン

 バードパーク内ではトレーナーの号令とともに飛び立つハリスホーク、ノリス、ワシミミズク
 ・ベニコンゴウインコなどのフライングショーが見れ、鳥たちと記念撮影ができます。
 

      

                                                       ▲ 地図へもどる