沿線ガイド

写真トピックス     
山ノ上碑(やまのうえのひ)は、群馬県高崎市山名町にある古碑であり、金井沢碑、多胡碑とともに「上野三碑」と称され、天武天皇10年(681年)建碑と考えられており、上野三碑の中で一番古いです。
1921年(大正10年)3月3日、国の史跡に指定され、1954年(昭和29年)には、「山上碑および古墳」の名称で国の特別史跡に指定されました。 山ノ上の碑から根小屋の金井沢の碑を結ぶ約5キロ区間の自然歩道は万葉和歌を詠んだ碑が29基建っていて石碑の路(いしぶみのみち)と呼ばれています。

   関連サイト 上野三碑公式ウェブサイト(外部リンク)

交通情報はこちら

山ノ上の碑と古墳
山名駅を下車し山名八幡宮境内裏手から山路に入って行き、約30分位で山ノ上の碑に着きます。碑には、高さ120センチメートル、幅50センチメートル、厚さ50センチメートルの輝石安山岩に4行53文字が薬研彫りで刻まれています。東側に横穴式石室の内部構造をもつ円墳があり、古墳としては終末期古墳に属するものと認められています。
     

山名城址
山ノ上の碑から自然歩道が大きく左折するところにあります。
築城法として、弓矢だけの時代でなく、鉄砲が使用された時代とわかります。