沿線ガイド

写真トピックス     
聖武天皇の神亀三年(726))に作られ、国の特別史跡に指定されています。先祖の供養のため、この碑を建てたとされ、現在は碑のまわりに覆屋(おおいや)を建てて、保存されています。
そして、山名の山ノ上の碑と、吉井町の多胡碑と合わせて「上野三碑」と呼ばれています。
山名の山ノ上の碑から金井沢の碑を結ぶ約5キロ区間の自然歩道は万葉和歌を詠んだ碑が29基建っていて石碑の路(いしぶみのみち)と呼ばれています。
    関連サイト 上野三碑公式ウェブサイト(外部リンク)

交通情報はこちら


  金井沢の碑

 根小屋駅を下車し、徒歩で10〜15分歩き道路脇から、少し入っていた
 所にあります。
 碑は高さ109cm、幅70cmの輝石安山岩に9列112文字が刻まれていま
 す。


  根小屋城址

 永禄十一(1568)年に武田信玄が「山名、鷹ノ巣の間に新城を築き、信州
 の士、望月甚八郎、伴野助十郎、仁科加賀守信盛らを入れて守らせた」
 とされるのが根小屋城である。